リフォームコンパス

住宅の全面リフォーム 契約後の打合せを確認

これから住宅の全面リフォームを検討されている方は、
契約までの間に何度も打合せを重ねて、
「よし、この会社にお願いしよう!」となればひとつの区切りにはなるのですが、
通常打合せは契約の後に本格的になります。

というのも各部材の色をひとつひとつ決めていったり
設備のグレードや仕様を確認していったり
工事にまつわる電気の移動や位置関係について確認をしたり
と、どちらかといえば契約後の方が打合せが濃く、時間も長くなったりするものです。
そうして内容を全部まとめ、初めて着工という流れになります。
この着工前の打合せが不十分だと、
後でトラブルになることが多くなりますから注意が必要です。

では工事が始まってからは打合せしなくてもよいのでしょうか?
新築と全面リフォームとの大きな違いに、
「既存の構造体を利用するかどうか」という点があります。
全面リフォームの場合には工事に入ってから、
元々見えなかった梁や柱といった構造部分が明らかになることが多々あります。
実はそれによって工事内容に変更が出たり、
仕様を変更しないといけなくなったりすることがあります。
また、思ったよりも傷んでいた場合に、どこまで施工するかという問題も出てくるでしょう。
そのような場合に予定と違ってくることについては
やはり確認をしながら進めなくてはいけません。

そのような着工後の打合せは会社によって
きちんと日時を決めておこなわれる会社と、
特に決まりなくタイミングをみながら打合せしていく会社と、
そもそも打合せが存在しない会社があります。
契約前には通常営業担当者としか話はしませんから、
工事が始まってからどのような打合せが行われるのかという点については、
しっかりと聞いて確認しておいた方がよいでしょう。
会社を選定する際にも意外と注目されませんが大事なポイントなので、
ぜひ参考にしてください。

≪成功する為の会社選び≫