リフォームコンパス

5-2契約前の確認 「契約前に確認したい3つのポイント」

契約前に確認しておきたい3つのポイント

大規模リフォームを行う場合の契約前にぜひ確認しておきたいポイントをまとめました。

 

前回、その最も大事なポイントである、追加費用についての記事を書きましたが、

(追加費用の確認の仕方)

今回は、それ以外にも知っていてほしい契約前の確認ポイントを3つに絞ってお伝えしたいと思います。

 

 

➀ 契約解除のことを聞いておく

 

契約前の段階で、契約解除!?と思われるかもしれません。

しかし、大規模なリフォーム場合、契約から着工までの準備期間も長くなります。

その間に、万が一の事が起こらないとも限りません。

 

その時になって慌てるよりも、事前に契約解除の可否や、その場合のお金のこと、

等確認しておいて損はありません。

 

やはり、大規模リフォームというのはご家族の暮らしの様々な影響を及ぼすものです。

リフォーム契約したがローンが結果否決された

親戚や親族の中に反対される方が出てきた

税金はどうなるのか、名義関連で問題が起こった

境界がらみでお隣さんと認識の食い違いが出てきた、近隣関係でもめだした

などなど、

予期せぬ事態が発生することがありますので事前に確認しておくと良いですね。

 

② 契約後の担当者、責任者を明らかにしておく

 

営業担当者がそのまま窓口となる場合や、工事担当にバトンタッチする場合など、

会社によって体制は異なります。

いずれにせよ、

契約に至るまでにした約束事を、きっちりと履行してもらえる体制かどうかを判断する

うえでも、大事な確認事項になります。

 

特に大規模リフォームの場合は、工事が始まるまでに様々な約束事を交わすことにな

るので、その内容はきっちり工事担当者に引き継いでもらわなければいけません。

 

営業担当者によっては契約が済むと次の契約に向けて意識が向いてしまうことで、

お施主様からすると契約までの対応と違った感触になることがあります。

ぜひ、そのような状況にならないように、

事前に確認しておくことで、営業担当者も気が引き締まるので良いと思います。

 

③ 工事請負内容以外のことを確認しておく

 

工事そのものはきっちりしてくれそうな雰囲気でも、

そのほかのことがおざなりではトラブルになることがあります。

 

近隣対策や助成金対応、または、住宅ローン、税金相談、荷物片づけ、家具やカーテン、などなど。

リフォームには工事のこと以外にも困りごとが色々と存在ます。

 

もちろん、リフォーム会社との契約はリフォーム工事についてになるとは思いますが、

少なくても親身になって考えてくれる会社か、

すべてを自分でやらなくてはならないのかで

ストレス度合いは大きく変わってきますし、結構な出費となることもあります。

 

『リフォームコンパスplus』 ⇒ リフォームにまつわる困りごと解決

 

もし、リフォーム会社が対応してくれない場合などは、

『リフォームコンパスplus』では、

そんなリフォームまつわる困りごとを解決するサービスを行っております。

 

お困りの分野のサービスを行う選りすぐりの会社や人をご紹介しています。

ご利用お客様にはお得な特典もついていますので、

お特に便利に安心でご利用いただけます。

ぜひ、お気軽にご利用ください。

 

 

ぜひ、我が家の事、家族会議でまとめておきましょう。

≪大規模リフォーム 会社紹介はこちら≫
Copyright © Reform Compass All rights reserved.

「リフォームで失敗しない為のお得な話」を無料でお届け!

 

 

皆さまからよく聞く「あったらいいな」というサービスはこちら≫

「リフォーム会社では行ってくれないサービス」をご紹介!