リフォームコンパス

リフォーム会社選びで特に意識してほしいこと

先日、こんなご相談をいただきました。

 

知人の紹介でリフォーム会社に見積もりを依頼ししたところ、

担当者が見に来たとのこと。

築30年の木造2階建て、

要望として、1階回りを全体的にリフォームしたい、とお伝えになられた。

 

すると、1階周りをみていきながらいろいろな質問をされた。

この畳は表替えにしますか?取り換えにしますか?

襖の取ってはどうしますか?

フローリングは張り替えますか?上張りにしますか?

などなど。

 

お客様から、

「そういったこともすべて事前に決めておくべきものなのでしょうか?」

とのご質問でした。

 

意外とこのようなご質問を受けることがたまにあるのです。

答えとしては、全くそんなことはありませんよというものです。

 

1階周りを全体的にリフォームするというのは、大規模なリフォームになります。

水回りもすべてやり替えることになりますし内装も変わります。

そして、当然、そのまま綺麗にするだけでのリフォームでは満足感が少ないこともあります。

 

つまり、本当はお客様がどのような理由でリフォームをしようとお考えになったのか、

また、現状でどんなお困りなことや不満、不安があるのか、

そういったことを出来るだけ理解しようと努めて、

そのうえで、「あーなるほど、だから1階周りをすべてリフォームしたいのですね」と共感し、

プロとしていろいろと提案することが大切になります。

 

その場合、間取りも少し変えるだけでもっと便利になったり、

素材を選ぶだけでワクワクしたり、

お客様にとってその時点では知りえない方法というものがあります。

 

だから、畳をどのように変えるのかや取っ手はどうするのかなどは、

現状からどうすることが望ましいのかを、まずはリフォーム会社の方から提案があると良いものです。

 

その為には、やはり大掛かりなリフォームの場合は、

実績が多くある会社であることが必要です。

それは、担当者の方が普段部分リフォームばかりで、

大規模リフォームの経験が少ないと難しいものになってしまうからです。

 

しかし、見積もり依頼する段階では、

依頼する会社に大規模リフォームの実績が本当にあるのかどうかを確認できていないことがあります。

 

今回の場合は、その時点で違和感を覚え、どうなのかと不信感を感じたため、

工事を依頼するに至りませんでしたが、

わからないまま契約してしまうと後から、

追加費用が大きくきたり、計画通り進まなかったり、など、様々な不具合が出てきてしまう恐れがあります。

 

特に、知人がリフォームしてよかったからという場合は、

どんなリフォームをされて自分と同様なのかどうかを確認しておくことが重要です。

 

大規模リフォームの場合は、例えお見積もり段階においても、

リフォーム会社を選ぶ際には、我が家の考えるリフォームと同様の実績があるかどうかを

事前に確認しておくようにしましょう。

 

それだけでも大きな失敗は避けることにつながる可能性は上がると思います。

ぜひ、ご検討してみてください。