リフォームコンパス

7-2工事中のポイント 「工事中に見ておきたいこと」

工事中に見ておきたいこと

大規模リフォームの工事中の打合せにおいて、

施主として見ておきたいことを挙げてみましょう。

a0006_000814

 

 

 

 

 

 

 

おおよその順序と確認すべきポイントです。

 

・着工、解体後
計画通りに工事できそうか?設計の変更が必要なケースがあります。
当初の設計通りの間取に変更がないか聞いてみましょう。
例えば、

抜けると思っていた柱が抜けない、

躯体の幅が思ったより狭かった、

などといった問題が出てきた場合

どういう解決案があるのか、一番大事なポイントと言えます。

 

・構造補強

補強が計画通りにできている事の説明を受けると、住むうえで安心感が違います
見ておくことで補強の状況が分かりますので、ぜひ、確認しておきたいところです。

・サッシ関係

窓の大きさや取付位置を確認します。
このあたりの段階で、間取りや広さ感をイメージ、家具や家電の搬入経路等確認しておきたいところです。

・配線、配管工事

スイッチや、コンセントの位置、高さなど確認します。
外出してから部屋に落ち着く、夜起きて部屋から台所へ行く、など実際の動線をイメージしながら確認すると良いと思います。

・下地入れ

手すりを付けたいとか、壁に絵を掛けたいなど、下地が無いと付けられないことがあります。
下地の無いところに重たいものをかけると、後々危険です。
位置や高さなどを確認します。

・仕上げ~完成検査

出来上がっていく工程の節目ふしめで打合せに参加し、確認すれば工事完了後に、しまったと思うリスクを軽減することが可能です。
設計通りに工事を進めていくわけですが、平面図で確認した設計図面と
実際の現場とでは、結構イメージが違うということもありますので注意です。

 

あとで、イメージと違うからとやり替えてもらったり、あるいは我慢してしまったり
という事は工期や仕上がりにも影響があることはもちろん、せっかくのリフォームが満足いかなくなってしまいます

建築主として、リフォーム会社と一緒にオンリーワンの我が家を造る、という気持ちで
業者や職人さんと交流しながら進めてみてはいかがでしょうか?


ただし、現場は危険なので、窓口担当者立会いのもと行ってください。

無断で現場に立ち入りは危険ですので、くれぐれもご注意ください。

 

 

 

≪大規模リフォーム 会社紹介はこちら≫
Copyright © Reform Compass All rights reserved.

「リフォームで失敗しない為のお得な話」を無料でお届け!

 

 

皆さまからよく聞く「あったらいいな」というサービスはこちら≫

「リフォーム会社では行ってくれないサービス」をご紹介!